読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

aikoと旅行とプログラミング

aiko Live Tour Love Like Pop Vol.19 福井公演参加レポート

f:id:bath_poo:20160814093514j:plain

このブログでは全く触れていないけれども、私はaikoがとても好きです。そんな私が今回参加したLove Like Pop(以下LLP) Vol.19 福井公演(2016.8.13)の参加記を書こうと思います。
以下セトリ等のネタバレを含むので注意です。

開演前

最高に暑い あんまりグッズ並んでないね #aiko #llp19

muttanさん(@muttan1203)が投稿した写真 -

会場はフェニックス・プラザ。当日は本当に暑くて暑くて。物販は中だったので助かりました。

開演までもうすこしー #aiko #llp19

muttanさん(@muttan1203)が投稿した写真 -

物販ではついつい予定外のものまで購入してしまいました。

購入したものは

  • 爽やかなふりした中二病Tシャツ
  • 多機能だし!裏表、今流行の2way 但しどちらもアイコ・バッグ
  • LLP17と19の間にパンフサイズのLLP18フォトブック
  • 振り返るのはあいこ前を向くのは君タオル
  • ごちゃまぜのかばんのなかでも絶対見つかるキーホルダー
  • iPhoneケース(振り返りあいこ)
  • 花風(シングル)
  • 三国駅(シングル)

です。金額怖くて計算したくない。
福井公演からキーホルダーが追加されましたね。

かわいい。これも買おうか迷いました。

開場

福井公演は17:30開場の18:30開演でした。 会場の写真は撮れないのでありませんが、中央に花道がありました(!)

f:id:bath_poo:20160814094018p:plain 蒼いところが花道で、赤いところがPA席だったような気がします。花道の長さは自信がないので参考までに… 1階席と言われる部分がAゾーン、2階席と言われる部分がBゾーンです。2階席とはいえ2階になっているわけではなく傾斜が付いているだけなので実質1階しかないようなものでした。 まさか花道があるなんて思っていなくて、割と後ろ側だった私にとっては本当にありがたいセットでした。ありがとうaiko
フェニックス・プラザのいわゆる1階席と呼ばれる部分は可動式の椅子(パイプ椅子のようなもの)となっています。これがきっかけでライブの最後が(いい意味で)大変なことに…

開演

以下セットリストあるので注意です。気になったところをちょこちょこと書いていきます。

  1. 何時何分
    今回はアルバムMay Dreamを引っさげたツアー。そのMay Dreamの1曲目である何時何分がライブの1曲目でした。「あめちゃんあったらうれしいな」から始まる印象的なこの曲、一気に引き込まれました。

  2. プラマイ
    PVがちょっと怖いと話題になりましたよね。サビの手拍子が楽しいです。

  3. どろぼう
    シングルのアンドロメダに収録。シングルの方はゆっくりなのですが、ライブだと早いペースになります。ライブのほうが個人的には好きで、とても盛り上がります。

  4. milk
    この間すれ違ったけど声をかけられなかった曲。まとめⅠの1曲目ってこともあり、aiko聞き初めの頃からすごくいい曲だなって思っていました。志田未来ちゃんのCMも印象的です。

  5. 信号
    ふたつ目の赤で手をつなぐ曲です。いいですね二つ目っていうのが。驚異的な中毒性、May Dreamで一番聞いているであろうこの曲を生で聞くことが出来て本当に良かったです。イントロもすごく耳に残りますよね。

  6. 遊園地
    泡のような愛だった自体あんまり聞いていない(ごめんなさい)せいで、うろ覚えでしたごめんなさい。

  7. 問題集
    シングル「もっと」の2曲目に収録されている曲。もっとも好きなんですが、問題集も好きなんですよね。過去の自分が書いたものが今の自分への問題集のように見えてきたことから生まれたそうですね。

  8. もっと
    もっとは歌い始めの息遣いがとても好きです。あの息遣いでaikoワールドに引き込まれる気がします。もっとも初めて生で聞けてとてもハッピーでした。

  9. ココア
    おやすみなさいの3番。おやすみなさい(シングル)は「陽と陰」と「ココア」ばっかり聞いてる気がしますね。アルバム引っさげツアーでもこういう曲が聞けて嬉しいです。

  10. 洗面所
    今回のセットリストで唯一知らなかった曲。花風のカップリングだったようで、帰り際に購入しました(笑)

  11. 即興コーナー
    お客様の「まいこでやってー!」というリクエストでまいこでやることに。実は腹黒いまいこちゃん。

  12. 朝の鳥
    最初聞いた時に「死ぬのはやめようと」って歌詞があって。こういう歌詞aiko書くんだって思った記憶があります。(自分が死ぬって感じの文脈あんまり無いような気がする)

  13. 愛だけは
    「朝の鳥」と「愛だけは」はaikoの弾き語り。会場にゆったりとした時間が流れました。弾き語りになると、aikoの歌の巧さがより一層引き出される感じがしてとても好きです。

  14. 好き嫌い
    サビの部分が「嫌い好き嫌い好き…」というふうに嫌いから始まるあたりaikoっぽいなと感じたのは私だけでしょうか。

  15. 冷凍便

    どうしても乗り越えられない様な 酷く苦しくて悲しい夜に
    ふと浮かぶあなたの横顔にあたしは救われてた

    という歌詞がとても好きです。May Dreamで2番目に聞いているであろう曲です。

  16. 帽子と水着と水平線
    夏が来たなーって感じがしますね(勝手にそう感じてます)
    この辺りからもう会場の盛り上がりが凄くてすごくてびっくりしました。これが不死鳥の力か…

  17. キスする前に
    キスする前にといえば このCMですね。この印象が強くって(笑)
    aikoの曲の中でも好きな曲にはいるのでこれが聞けたのは大きい、会場もとても盛り上がってました。どうでもいいことですが、この曲でもリップクリーム塗ってますね。

  18. イジワルな天使よ世界を笑え!
    Hello, Peace Yeah!とHello, Good Yeah!の振りが楽しいこの曲。実は初めてだったので、周りを見よう見まねでやってました。慣れると楽しいですね。

  19. Loveletter
    激アツ。連れが最も好きな曲らしいのでやってくれてよかったです。もちろん自分も大好きです。 あれLLRでやったら楽しいだろうなぁとかこの時は思っていました。というかAゾーン(前の方)の人たちはもうほぼLLR状態だったんですよね。

アンコール
  1. 蒼い日
    May Dream最後の曲。アンコール1曲目です。Love letterとアンコールコールで一気に熱くなった会場がクールダウンされる感じでした。しっとりしていてとてもよいです。

  2. 夏が帰る
    「雨よ止んでお願い」とあるように雨止んでくれよ〜って気持ちで書いた曲(でしたっけ?) この辺りから記憶が若干曖昧になる。

  3. 夢見る隙間
    夢見る隙間って最初聞いた時そんなに自分には響かなかったけれど、ライブで聞いてあまりに盛り上がって自分も楽しくて好きになった曲です。この曲はアレンジがOSTER PROJECTさんなんですよね。

ダブルアンコール
  1. 花火
    夏といえばこれですよね。「夏の星座にぶら下がる」であったり「疲れてるならやめれば?」だったり、歌詞がとっても好きです。サビのところでみんな手を振る風景はとても素敵でした。

  2. ボーイフレンド
    「唇噛んで〜」のところの手拍子が最高に楽しいボーイフレンド。ちょっと来るとは思ってなかったので嬉しい誤算でした。何度聞いても楽しいしいい曲だなという印象。

  3. be master of life
    跳ねすぎて体力が尽きそうになる。叫んだり飛んだり手を振ったり、熱気がすごすぎてクラクラでした。こっちも最後の「And Peace!」でピースでしたね。ピース楽しい✌('ω')

  4. カブトムシ
    アカペラでカブトムシ。aikoがアカペラというより会場全体で合唱してました。鳥肌が立ちました… 生涯忘れることはないライブになりそうです。

  5. エンディング
    泡のような愛だったに収録されている「サイダー」でした。

トリプルアンコール
  1. 愛の病
    トリプルアンコールってなんやねんって感じですが実現しました。aikoがタオル掛けたまま舞台袖から出てきてライブがまさかの再開。2階席のお客さんも可動椅子を押しのけて1階に集まりライブ。それはもうLLPではなくLLRでした。これが楽しいのなんの。

  2. ジェット
    本当に最後の最後の曲だったジェット。今回1の盛り上がりだったでしょう。LLRってこんな感じなんだなって思いました。aikoもこんなこと初めてだったようで、福井は相変わらず熱いんだと実感することが出来ました。

あまりにひどいコメントばかりですが自分の印象としてはこんな感じ。もちろんとても楽しかったし、aikoがよりに好きになるライブでした。

f:id:bath_poo:20160814004957j:plain

終演後

自分は2列めだったため、銀テが飛んでこず諦めていました。残ってないかと探していたら、とても優しいジャンキーさんが二種類とも下さいました。昨年末横浜に行った時もほかのお客さんがくださいました。ジャンキーさんたち良い方が多くて、今回もその優しさに触れることが出来ました。ここを読んでいることはないと思いますが、もう1度ありがとうといいたいです。こういうことをしてもらうと、自分もそうやって振る舞おうという気になりますよね。優しい世界。富山からいらっしゃったそうで次の日の金沢公演も参加されるそうです。ライブ後にすごくいい気分で帰ることが出来ました。

ライブ中の色々

即興コーナー

今回のキーワードは以下のものでした。

  • 木村屋(答えた人の実家が餅屋さんらしい。安倍川餅を食べてきたみたいですよ)
  • 40歳以上でも恋愛対象(彼女さん持ちの方がaikoを見ながら笑 aikoと3人でお風呂はいるのもアリって話でした)
  • カラオケ(ジャンキーさんとカラオケいったそう。羨ましい)
  • 離れ離れ(彼女さんと別の場所で見てるみたいで、どこにいるの傘がしたところ案外近かった)
  • ディズニー(彼氏と初ディズニー。いい思い出になるといいね)
  • 虫カゴ(佐野っちが虫かごに入ってるみたいという話から。aiko大爆笑)

曲としては「いつも私を虫かごにいれて一緒に連れて行って、カラオケに行くときもディズニーに行くときも木村屋にお餅を買いに行く時もね。あなたは56歳だけど私40歳以上でも恋愛対象なので云々」って感じでした。今回は「まいこ」で歌ってくれましたよ。個人的にさのっちの虫カゴの話が面白かったです。佐野さんは音圧がすごくて消音板置かないとマイクに音が入っちゃうそうな。aikoいわく「きかん坊」なんだそう(笑)

コールアンドレスポンス

いつもの「男子」「女子」「そうでない人」はもちろん、「妊婦」「看護師」ってのもありましたね。なんかあったら看護師呼ぶんやでーみたいな話もしていました。中には助産師さんもいらっしゃったので、「最悪ここで産んでもいい。そしたら開場みんなでがんばれがんばれ!って応援するから」って話もしてましたね。「人妻」「夫」っていうのもありましたが、正反対で面白かったです。ほかには「彼女募集中」というのもありましたね。aikoがいいです!って言ってました。そういう人多いだろうなー。

ライブ中の会話

  • aikoは前日の晩足羽山に流星群を見に行ったみたい。aiko&スタッフのグループとユーチューバーみたいな若者軍団が見に来ていたそう。aikoと若者軍団が同じタイミングで星を見たようで、後ろを振り返って「今見たよな?!」って言ったそうな。その後aikoという事がわかり、敬語で挨拶してくれたみたいです。
  • ペルセウス座流星群に願い事をした女の子。そのお願いごとは「aikoと話すこと」だったそう。会場全体のほっこりしたムードは最高でした。
  • フェニックスって本当にお客さんと近いよな。
  • 福井のライブはヤバイってaiko父が言ってた。
  • aikoの衣装がジュディ・オングみたいという指摘が。年齢を聞いたaikoは「あ、まあまあやな(笑)」
  • 栄養ドリンクみたいなお客さんおるー
  • aiko「このライブ終わったら体重計乗ってみ。めっちゃ痩せてるで」といった直後、喜ぶ太めの方が視線に入ったaikoが「このあとラーメンとか食べて帰ったらダメやで」と駄目出し。
  • この会場にいる人だけで1つ家作って住めるよね(配管工や木材加工の人が挙手する)
  • さのっちにスポットライトが当たる(これは会話じゃないか)

総括

LLR…でなくLLP

今回はLLPです。ライブハウスでやるLove Like Rock(LLR)とは違って基本的に自分の座席で楽しむライブなんです。が、今回は違いました。ライブが終わる頃…というか途中からもうLLRのような状態でライブが進んでいました。花道の周りに1階席のお客さんが一気に押し寄せていましたね。そしてトリプルアンコール(?)の時は2階席のお客さんもみんな1階に降りてぐちゃぐちゃになりながらの愛の病とジェットでした。こんなライブは初めてだそうで、本当に楽しいライブとなりました。

とっても素敵なライブでした

LLPのようなLLRのような不思議なライブでした。まだaikoのライブは2回めなのですが、どれも楽しい。ライブBDでも楽しい。もうちょっと早くからハマればよかったのになんておもったりしてます。 開演は18:30すぎ。終わったのはだいたい22時。およそ3時間半にも渡る熱いライブでした。フェニックス・プラザでのライブは初めてなのですが、本当にどこからでもよく見えるし近くてaikoも良いところだって言ってくれました。そして可動椅子なのも大変ポイントが高いです。
自分が想像しているアーティストのライブとは違って、aikoのライブは本当に距離感が近い。だから余計に楽しい。なんどでも来たくなるようなライブです。それは曲の良さだけではなくaikoの人柄、例えばお客さんと会話するとかすごく近いところで歌うとかいった演出を今もなお続けていることにあると思います。一緒に行った友人もとても楽しかったと言ってくれて良かったです。 次は静岡公演に参加です。参加した方々、お疲れ様でした。またカブトムシを合唱したいな。

メンバーのツイート