読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

aikoと旅行とプログラミング

xampp+CakePHP

~を使って~を使うってタイトルってどうなんでしょう。
さてさて、いろいろ有りましてCakePHPを使うことになりました。
環境作成にはxamppを使いました。備忘録として書いとこうかと。
基本的には他のサイト様が書いてるのと一緒なので!

バージョン


の環境で行っていきます。

xamppのインストール

windowsインストーラーを実行するだけ。
個人的にインストールしてあったApache2.2は削除しておきました。
あとセキュリティソフトも一時的に無効化しておきました。

無事インストールが終わり起動してみると、Apacheが起動しない…
なんでや!と思い調べて行くと、Listenしているポート80がほかとかぶっている可能性がわかる。
Netstatを使って調べると、Systemとやらが80を使用していることが判明。
これまたgoogle様に投げてみると、「web deployment agent service」とやらが使っていそうとわかる。
コンピュータを右クリック→管理→サービストアプリケーション→サービスから
web deployment agent serviceを無効化する。そうすると無事に起動しました。
その後、http://localhost/にアクセスして管理画面が出てきたら成功です。

無事管理画面へ入ることができたら、左のカラムの”セキュリティ”をクリックして、MySQLやら何やらのパスワードを設定。
ソレを終えれば一応終わった…と思います。

CakePHPのインストール

このサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
http://webcake.no003.info/event/cakephp2-8hours-seminar.html

まずは公式サイトに行ってcakephp-xxx.zipをDLしてくる。
そして展開し、ドキュメントルートに配置する。(デフォルトだとhtdocs)
名前も"cake"だったり、"cakephp"といったようなわかりやすい名前のほうがいいかも。
http://localhost/cakephpと言った感じでアクセスできていればOK。

  1. /app/tempへアクセス権を与えておく。(774でいいんじゃないだろうか)
  2. /app/Config/core.phpのSecurity.saltとSecurity.cipherSeedを適当な感じに変更
  3. /app/Config/database.php.defaultをdatabase.phpに変更する。

データベースは事前に作っておいてね。

public $default = array(
	'datasource' => 'Database/Mysql',
	'persistent' => false,
	'host' => 'localhost',
	'login' => 'user_id',
	'password' => 'password',
	'database' => 'DB_NAME',
	'prefix' => '',
	'encoding' => 'utf8',
);
  1. DebugKitをインストール

githubからDebugKitをダウンロードしてくる。
解答したあと、名前をDebugKitにリネームしapp/Pluginに突っ込む。
app/Config/bootstrap.phpの途中にある

CakePlugin::load('DebugKit');

コメントアウトを外す。
その後、app/Controller/AppControll.php

class AppController extends Controller {
	public $components = array('DebugKit.Toolbar');
}

を追記して完成。

凄く大雑把にメモしましたが…だいたいこんな感じでした。